レイズン・ウィッチの思い出

2月23日(日)午後1時ごろ
社長のお母さん(会長の奥様)Kさんが亡くなりました。

最近は入院されていたこともあり、お顔を見る機会が減っていましたが、最後の姿は黒髪も若々しく、85歳とはとても思えない綺麗なお顔でした。

2/22がお誕生日だったそうで、翌23日は連休でお休みという事もあり、家族で見守ることが出来たそうです。

生前中は、よく小川軒のレイズン・ウィッチを買っていたなとか、回転寿司に連れて行って下さって、「好きなだけ食べなさい」と言われたり。

会長と、奥様に連れられて、いろいろとお食事に連れて行っていただいたのも良い思い出です。

今回、ご自宅にて家族葬で行うとのことで、社員からはお花を送ることにしました。人脈も広く、いろいろな会で功労者ということもあり、「どんなお花で、何色が好きだったか」など聞かれました。うーん、そこまでは詳しくないなぁ、でも胡蝶蘭がお家に飾られていることがよくありました。などとお返事してしまいましたが、そういうところも知っておくべきなんだなぁ、と勉強になりました。

これからも、会社を見守ってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です